title

小さい着物を大きくする

どんなに着付けに工夫をしても着られない、小さなサイズの着物を何とかして着るためには、お直しをします。
はじめに、着物を解いて、つなぎ合わせて(端縫い)、反物の状態にして洗い張りします。汚れが落ちてキレイになるうえ、小さいサイズで縫われていたときの折り目がすべて伸び、次に仕立てるときには、布を目いっぱい使えるようになるのです。けれども、背が高い人には、それでも身丈が足りないので、間に布を足すことになります。着物と似た織りの生地で選んだ足し布(ハギ)は、着たときに、ちょうど見えなくなるよう、おはしょりと帯の位置にあてがいます。
大きいサイズに仕立て直された着物は、おはしょり部分にハギがスッと隠れて、もう1カ所も、帯を締めるところに収まるようになります。着物自体も、洗い張りやシミ抜き、黄変抜きでキレイになって甦る、一石二鳥のお直しです。
洗い張りによって、地色が格段に明るく、キレイになります。丈出しのためのハギは、着物の生地と織り方が近いものを選びます。