title

知っておきたい着物のたたみ方

タンスや衣裳ケースなど、収納場所はさまざまですが、どこにしまうにしても、きちんとしたたたみ方をすることで、着物のシワや汚れを防ぎ、次回も気持ちよく着ることができます。
着物のたたみ方は、襟を左にして着物を広げ、まず下半身をたたみますが、下前の脇の縫い目を内側に折り、衽線から手前に折り返します。下前の衽に上前の衽を重ね、両手で上前の脇縫いを持ち、下前の脇縫いにキレイに重ねて、たたんだところを両手のひらでしごいて空気を出します。裾が乱れないように巻いておき、上半身をたたみますが、まず下前の襟をキレイに伸ばし、後ろ襟を三角形に割り、下前の襟に上前の襟をキレイに重ねて襟全体をまっすぐに合わせます。下半身と同じように、下前に上前を重ね、両袖もきちんとそろえます。左袖を袖つけから折り返して身頃の上に重ね、右袖も同様に外側に折ります。くるくる巻いておいた下半身をいったん伸ばしてから、襟先のところで半分に折りますが、襟先は折らないようにします。
3つ折りするときは、袖を折らないようにして、全体を3つに折ります。びょうぶだたみというたたみ方にするとよいでしょう。