title

着物と羽織の関係を学ぶ機会

羽織は着物の上に着るものですが礼装には適さず、女性の場合はおしゃれ着として着用するもので気軽な普段着の着物に着るものです。コートと違い訪問先で脱がずにきていられるもので、防寒用としてだけでなくちりよけとしても利用されます。色無地に1つ紋をつければ入学式や卒業式、お宮参りなどに着用できます。裏につける羽裏はすべりのよい平綸子や羽二重が適しています。着物とのバランスは色や配色全体の雰囲気などで決め現代柄の着物には現代柄、古典柄の着物には古典柄というように合わせたほうが全体がすっきりとみえます。
羽織紐は脇役ですが羽織との調和だけでなく帯締め、帯揚げなどとの調和も考えて選んだ方がよいです。羽織紐は結んだ時に帯締めと帯揚げの間になるからです。羽織丈は身長の1/2を基準にして仕立てます。裄は着物より1分長く仕立て、袖丈は2から4分短くなるように仕立てます。丈は年齢や好み、材質、流行などで調節して仕立てます。