title

色半襟や柄半襟のコーディネート

濃い色や色数の多い柄物の半襟は、コーディネートが難しいので着物の初心者向きではありません。着物と同系色の極薄い色や細かな柄なら品よくコーディネートできます。薄い色の絞りの半襟も女性らしく柔らかな印象になりますので、紬、木綿、ウールなどのカジュアルな着物に合わせるとよいでしょう。アンティークの着物であれば、華やかな柄半襟も似合います。
色半襟で淡い色というのは、ひとつ気をつけなければならないことがあります。例えば、淡い鼠色といっても、「青みがかった」とか「赤みがかった」ということがありますが、これを「色の足」といいます。着物のコーディネートのときに気をつけてみるとよいでしょう。肌を白く見せたいときには色半襟に青みの淡色、血色よく見せたいときには赤みの淡色をコーディネートすると、きれいに見えます。
また、着物と帯の次に決めるのは帯締めで、装いの中央にくるのでコーディネートを引き締めます。帯の柄などから、ひと色取るとよいでしょう。