前へ
次へ

色々なFXの注文方法

FXの注文方法について、説明します。最も基本的な方法は、成行注文です。ボタンをクリックすることにより、現在の価格で新規注文されます。保有中のポジションの場合は、現在の価格で決済されます。次に基本的なものは、指値・逆指値注文です。これは、価格があらかじめ設定しておいた価格に到達したら、自動で注文を出すというものです。価格が下がったら買う・上がったら売る場合が指値注文、逆に価格が上がったら買う・下がったら売る場合が逆指値注文です。OCO注文というのは、指値注文と逆指値注文を同時に出しておく方法です。価格がどちらかにヒットすれば、もう一方の注文はキャンセルされます。また、IF DONE注文というのは、指値・又は逆指値注文を出しておき、同時に決済注文も出しておくというものです。OCOとIF DONEを組み合わせた注文方法もあります。色々な種類がありますが、自分のトレードスタイルに応じて、注文方法を選択すればいいと思います。ただし、成行注文や逆指値注文の場合は、値動きが激しい時は不利な価格で注文が成立することがありますので、注意が必要です。

Page Top