title

さあ着物を着よう!でも必要なものって何?

着物を着るには、いくつか必要なものがあります。ここでは、普段用に必要なものを書いていきます。(慶弔の着付けは必要なものが少し違ってきます)肌着・裾よけ・長襦袢・着物・帯の他に、腰紐2~3本(着物や長襦袢を着た時に着崩れないよう腰に巻き付けるひもです)伊達締め(長襦袢、着物を留める帯のことです。しっかり締めることによって衿の着崩れが防げます。マジックテープが付いたものもあり、楽に留めることができる物もあります)帯板(帯を巻きつける時にシワになるのを防いでくれるもので)帯枕(帯の中に入れて、ふくらみを作る時に使用します)この他には、足袋、衿芯、(長襦袢の襟に入れて使います)半襟(白でもいいですが、色柄付きの物を使ってもいいです。長襦袢に縫い付けて使います)便利な道具として、着物ベルトがあります。襟元の着崩れを防いでくれる物で、上前と下前の衿を引っ張り合って留めておく物です。帯揚げ(帯枕を包んで用います)帯締め(結んだ帯がくずれないように締めるものです)帯揚げ・帯締めは色柄の種類が多く、着物や帯に合わせて選ぶとおしゃれです。

着物を売りたい!査定したい!→→→